MENU

花粉症の方へ
これから始まる花粉症症状に、今からでも間に合う対策はいかがですか!

花粉症対策に耳よりなお知らせ!!
花粉症対策にお茶を是非試してみてください。

・「べにふうき」という茶葉に含まれるメチル化カテキンという成分が、「花粉症の症状を軽くする」として、新たに注目を集めております。
「メチル化カテキン」は、べにふうき種に最も多く含まれ、一般的な緑茶にはほとんど含まれていません。
くしゃみや鼻水の原因となるヒスタミンを抑える即効性があり、アレルギー反応の原因となるIGE受容体ができるのを防ぎ、体質改善的な効き方も期待されています。
・花粉が飛び始める1ヶ月半ぐらい前からと花粉の飛散中でも飲み始めるのが、チャンスの時期。
ショウガ汁を少し加えると、症状軽減効果が高まると言われております。
「メチル化カテキン」を効率良く引き出し実感させます。

≪コメント≫
当店では、数年前にべにふうき茶のサプリ化をすべきで、製造過程を見学体験をしてみて、製造工程で原材料の加熱滅菌や粉砕摩擦が生じることにより、「メチル化カテキン」の減少が著しいのに驚かされましたので、茶葉での「花粉症対策」を行ってもらうために茶葉にて販売を行っております。
花粉症の皆様に、少しでもお役に立てますように努力を致しております。
是非お試しください。

小売価格

1袋 100g入り
¥900-
お得なサイズ 200g入り
¥1,500-
便利なティーバック 1袋20バック入り
¥1,500-

京都市内及び京都近郊の皆様には、ご指定日に配達致します。
その他の地域の皆様には、ゆうパックなどにてお送りさせて頂きます。

まずは、お電話をお待ちしております。
連絡は、店舗紹介ペ-ジもお見逃しなく!

お問い合わせ及び申し込みにつきましては
電話  075-451-2251
FAX  075-432-5723
メール  ocha@nagasawa-chagyou-honpo.com ≪こちらをクリックしてください≫

【飲み方のアドバイス】
◆(茶葉を使用する場合)
≪やかんなどで煮出す場合≫
・1.5リットル以下のやかんに9分目ぐらい水を入れて、やかんのふたは開けて沸騰させます。
・沸騰しましたら、弱火か中火(器具により違いあります)にして、べにふうき茶葉を10グラム以上の適当な量をやかんに投入します。
・煮出すポイントは、やかんの水が5~7分目になるまで炊きだして頂きます。
(味の濃さについては、お好みでご判断ください。)
≪急須やティーポットの場合≫
・急須などにべにふうき茶葉を5グラム以上の適当な量を入れます。
・急須などに熱い目のお湯を注ぎ、10分以上の時間をかけて、濃いめにエキスを抽出します。
◆(ティーバックを使用する場合)
・やかんなどに、ティーバック1袋入れて水を注ぎます。
・沸騰するまでは、強火にて沸騰しましたら弱火にします。
・煮出すポイントは、やかんの水が5~7分目になるまで炊きだして頂きます。
(味の濃さについては、お好みでご判断ください。)
【添え書き】
・一日に何杯お飲み頂いてもお茶ですので構いませんが、天然のカフェインが有りますので就寝前はお辞めください。
・しょうがの絞り汁やしょうがを極少量を入れてお飲みになると良いと報告されております。
飲みにくい方には少量のハチミツを加えると苦みが若干緩和させて、飲みやすくなるようです。
・花粉症状の重い方は、煮出したお茶が苦いと感じないそうですので、感覚的に苦いと感じるまでお続けください。
【注意】
・ご自身のお好みで茶葉の量及び抽出時間をお決めください。
・やかん・電気ポット・急須などの取り扱いには、やけどをしないようにお願いします。
・保管方法は、袋のチャックを必ず閉じて冷暗な場所にて保管してください。
・本品は、生ものですのでご使用方法や保管にはご注意くださいますようお願い申し上げます。
・保管方法によりましては、湿りますとカビが発生したり、虫が発生したりする恐れがありますのでご注意ください。
その他の注意事項を必ずお読みください。

(注意)
・べにふうき茶は医薬品ではありません。
・効果には個人差があります。
・べにふうき茶は、花粉症への効果を保証するものではありませんので、緑茶としてお取り扱いいただきますよう、お願い申し上げます。

ご購入頂きましたお客様にアンケート(お客様の声)を実施しております。
アンケートにご回答をお寄せくださいましたものを報告(公開)させて頂いております。

ぜひご覧ください